良性発作性頭位めまい症とは<耳石とめまい>

耳石とめまいの関係

鼓膜の奥の部分を内耳と言い、内耳には身体の回転や平行感覚を関知する器官が収められています。
しかも、水平方向の傾きは卵形嚢で、垂直方向の傾きは球形嚢で、回転を関知するのは三半規管でといった具合に、異なる器官がそれぞれの動きに対するセンサーの役割を果たしています。
この3つの器官のうち、卵形嚢と球形嚢には傾きを関知するための耳石器という部分があるのですが、耳石が土台から何らかの原因によってはがれて、三半規管の方へ入り込んでしまうことがあり、その際にはめまいの症状が起こります。
耳石がはがれる原因は、はっきりしたことはまだわかっていませんが、加齢や外傷、内耳の病気などによるのではないかと言われています。

 

良性発作性頭位めまい症とは?

良性発作性頭位めまい症とは、耳石器から耳石がはがれ落ち、その耳石や砂状になった一部が三半規管に入り込んだためにめまいの症状を起こす耳の病気です。
起き上がる、寝返りを打つ、上や下を向くというような、頭の向きを変えたときに、その瞬間だけ目の前がぐるぐる回ったように感じたり、ふわふわと浮いた感じがしたりするのが良性発作性頭位めまい症の特徴です。
しかも、そのめまいは数秒から数十秒で治まり、最初は激しいめまいのため吐き気や嘔吐を伴うことがあるものの、次第に身体が慣れ、症状が軽くなることが多いという特殊なめまいです。
耳鳴りや難聴を伴うことはあまりなく、良性という名が示すとおり、命に関わるような病気が潜んでいるめまいではありません。

 

発作を繰り返し治っていくことが多い

三半規管にはがれた耳石が入り込んで、リンパ液の流れが乱れることが良性発作性頭位めまい症の主な原因ですから、常に同じ方を向いて寝たり、同じような姿勢をとり続けていたりするとめまいの症状が出やすいと考えられています。
良性発作性頭位めまいは、何度も繰り返し起こるため、しばらくは辛い思いをしますが、三半規管のリンパ液の流れを乱している耳石や細かい粒子などが外に移動すればめまいは起こらなくなります。
専門医の手によって、患者さんの頭を動かし耳石を外に出す「頭位治療」が行われる場合には、平均2〜3回の治療で治ると言われていますが、中には1回の治療で軽減する場合もあります。
しかし、実際にはめまいの発作を何回か繰り返すうちに、自然に排出されるのを待つというパターンが多いようです。
それまでは、めまいの発生を抑える「抗めまい薬」やめまいに対する不安やストレスを軽減する「抗不安薬」、内耳の血流をよくする「循環改善薬」などを服用しながら、首を動かす運動療法を行って様子を見ます。