症状別!めまいの原因&病気<吐き気・頭痛・耳鳴り・難聴・失神など>

吐き気を伴うめまい

めまいの際に吐き気を伴うときは、耳の三半規管に何らかの異常がある場合賀多いようです。
ぐるぐる目の前が回る回転性のめまいの場合は、三半規管に関係している可能性が高いと言ってよいでしょう。
また、吐き気と共に頭痛がある場合や、くらくらする動揺性めまい、ふわふわする浮動性めまいの場合には、脳への血流量が減少して十分に酸素が送られていないことや、脳の血管や神経に異常があることが疑われます。
更に、生活習慣の乱れや強いストレスによって吐き気を伴うめまいが起こっていることもあります。その場合は、自律神経のバランスが崩れていることも考えられます。

 

頭痛を伴うめまい

めまいの際に頭痛が起こるときは、頭痛のタイプをよく観察する必要があります。
例えば、頭が締め付けられ重苦しい感じがする緊張性の頭痛と、頭の一部分だけが激しく痛む片頭痛の場合では原因が違います。
また、周りがぐるぐると回っているように感じる回転性のめまいか、グラグラと身体が揺れているように感じる動揺性のめまいかという点もきちんとチェックしましょう。
危険なのは、動揺性のめまいに激しい頭痛を伴う場合です。脳の疾患が原因である可能性が高いため、めまい以外の症状も注意深く観察することが大事です。

 

耳鳴りを伴うめまい

耳鳴りには、自覚的耳鳴りと多角的耳鳴りがあり、それぞれ原因が違います。
内耳から脳の間の神経のどこかで神経が活発に働き過ぎると起こるのが自覚的耳鳴りです。
一方耳の周りの筋肉や関節、血管などに異常があって、筋肉のけいれんする音や、血管やリンパ管を名が得る血液やリンパの音などが聞こえるのが他覚的耳鳴りです。
耳なりが起こるめまいは、内耳などに炎症が起こっている場合以外に、三半規管や蝸牛に異常のあるときや、脳に異常があるときにも起こります。
また、自律神経のバランスがうまく取れないときも、耳鳴りが起こりますから、他の症状も見逃さないように注意しましょう。

 

難聴を伴うめまい

めまいの際に難聴を伴うものの多くは、突発性難聴です。
突然、耳が聞こえにくくなる病気で、治療せずに放置すると、後遺症として重度の難聴が残ってしまうため、注意が必要です。
難聴と同時に起こるのは回転性のめまい、難聴の後で起こるめまいは動揺性のめまいになることが多いようです。
また、メニエール病もめまいと難聴の両方が症状として出ることがあります。

 

めまいとともに目の前が暗くなったら

めまいに伴って目の前が真っ暗になるのは、心臓疾患や、循環器系の病気によって血流量が減って、脳に十分な酸素が行き渡っていないためである可能性があります。
また、自律神経の乱れによって目の前が暗くなることもあります。

 

失神してしまうようなめまいが起きたら

失神とは、脳に十分な酸素が送られなくなったときに、非常手段として脳機能自体を低下させる現象です。
脳に送られるべき酸素が10秒間断たれてしまうと失神は起こります。
ですから、失神を伴うめまいは、脳への血流が減ったり、血圧に変動があったりしたときに起きます。
起立性低血圧やお風呂で長湯をしたときの立ちくらみなどは一過性出あることが多く、大きな心配は要りませんが、脈拍が極端に少なくなったり、不整脈を伴ったりするような場合は十分な注意賀必要です。