<めまいの原因1>不安やストレス…自律神経とめまい

自律神経とは?

自律神経とは、自分の意識や意志では動かすことのできない神経のことです。
つまり、内臓や血管、汗腺などの働きを制御し、体温の調節や生命維持のための機能全般を管理する神経を総称して自律神経と呼ぶのです。
この自律神経ですが、交感神経と副交感神経という2種類からなり、それぞれ対照的な働きをしています。
そして、呼吸や発汗を初め、心臓や胃腸などの内臓機能に至るまで、人間の生命活動のほとんどがこの2つの神経がバランスよく働くことで成り立っています。
つまり、この2つの神経のどちらか一方だけが優位に働いたり、逆に働きが鈍ったりした場合には、身体のあちこちで異常が見られるようになってしまうのです。

 

不安やストレスが原因のめまい

慢性的に不安を感じたり、強いストレスがかかったりすると、自律神経のバランスに乱れが生じます。
交感神経も副交感神経もストレスに弱く、外的な要因はもとより心理的な要因によってもすぐに影響を受けてしまうため、そのバランスを崩し易いのです。
特に、女性の場合は生理や妊娠、出産、閉経など、男性には無いストレスがかかるため、より自律神経が乱れ易いと言えます。
自律神経のバランスが乱れると、血圧の制御がうまくいかなくなるため、高血圧または低血圧と同じ状況になってしまうことが少なくありません。
そのため、ストレス性のめまいは、ふわふわと身体が浮いた感じがするめまいになることが多いのが特徴です。
不安やストレスからめまいが起こるときは、他にも「気分が何となく優れない」「全身に倦怠感がある」などという症状を訴えることが多いのですが、それも自律神経のバランスが乱れていることから生じている症状です。

 

不安やストレスによるめまいの対処法

不安やストレスによってめまいが起こっていることが明らかな場合には、原因となっている不安やストレスを突き止め、その不安やストレスを取り除くようにすることが大事です。
ただし、取り除くのが不可能な不安やストレスの場合には、不安やストレスに対する耐性を作るように心がけたり、他へ気持ちを向け、不安やストレスを軽減させるという方法を取ったりすることになります。
また、不安やストレスにより、自律神経のバランスが乱れている時には、鉄分が不足していることが多いため、血液検査によって体内の鉄分量を調べ、足りないときには鉄分を補う治療を行うこともあります。

関連ページ

<めまいの原因2>肩こりによるめまいの原因と対処法
めまい.jpでは、眩暈の原因と詳しい症状を探り、それぞれの症状にあった治療法や対処法、食事療法について解説しています。めまいと共に起きる吐き気や頭痛・耳鳴り・しびれなど症状のよって隠れている病気も違います。ぜひご自身の症状をチェックして下さい。
<めまいの原因3>高血圧によるめまいの原因と対処法
めまい.jpでは、眩暈の原因と詳しい症状を探り、それぞれの症状にあった治療法や対処法、食事療法について解説しています。めまいと共に起きる吐き気や頭痛・耳鳴り・しびれなど症状のよって隠れている病気も違います。ぜひご自身の症状をチェックして下さい。