<めまいの原因3>高血圧によるめまいの原因と対処法

高血圧ってどんな症状?

日本人に多い生活習慣病の代表格が高血圧症ですが、名前から見てわかるとおり、血圧が高い状態を指します。
具体的には、座った状態で測った血圧が、収縮期血圧140mmHG以上であるか、拡張期血圧が90mmHg以上である状態を高血圧と定義しています。
これは、一回のみの測定では判断できず、何日か継続的に測ってみて、常に基準を上回っている場合が高血圧という診断になります。
一般的な基準では、血圧の正常値は収縮期血圧が120mmHg未満、かつ拡張期血圧が80mmHg未満となっているため、その間の値は高血圧前状態というとらえ方をされるのが普通です。

 

高血圧が原因のめまい

めまいというと低血圧のイメージが強いかもしれませんが、高血圧によってもめまいが起こります。
実際、めまいが気になって医療機関を受診したら、血圧が高かったという例も少なくありません。
高血圧によるめまいは、ふわふわと浮いた感じがする、視界がチラチラするという症状を訴える人が多いようです。
特に、血圧が安定せず、変動が激しい場合には、めまいの症状が現れ易くなります。

 

高血圧によるめまいの治療

高血圧が原因のめまいであれば、血圧をコントロールすることが不可欠となります。
ただし、高血圧だから、単に血圧を下げればよいというわけではありません。
血圧の変動を小さくすることが大事です。
例えば、安易に血圧を下げる薬を多用してしまうと、逆に低血圧気味になって激しい回転性のめまいと吐き気に襲われたり、血管に詰まりかけていた血栓を脳に送り込む形になって、脳梗塞を起こしたりする危険性があります。

 

高血圧でめまいが起こったら

高血圧でめまいが起こったら、まずは転倒しないように、いすなどに座ってめまいの発作が落ち着くまでしばらくじっとしているようにしましょう。
高血圧のめまいであれば、めまいと共に後頭部が痛んだり、吐き気を感じたりすることが多いようです。
もし、めまいが何度も立て続けに起こるようであれば、単に高血圧というだけでなく、脳卒中など脳の病気の前触れの可能性もありますから、早めに専門医を受診し、検査を受けるようにしましょう。

関連ページ

<めまいの原因1>不安やストレス…自律神経とめまい
めまい.jpでは、眩暈の原因と詳しい症状を探り、それぞれの症状にあった治療法や対処法、食事療法について解説しています。めまいと共に起きる吐き気や頭痛・耳鳴り・しびれなど症状のよって隠れている病気も違います。ぜひご自身の症状をチェックして下さい。
<めまいの原因2>肩こりによるめまいの原因と対処法
めまい.jpでは、眩暈の原因と詳しい症状を探り、それぞれの症状にあった治療法や対処法、食事療法について解説しています。めまいと共に起きる吐き気や頭痛・耳鳴り・しびれなど症状のよって隠れている病気も違います。ぜひご自身の症状をチェックして下さい。