めまいの詳しい症状と種類<回転性・動揺性・立ちくらみ>

そのめまいはぐるぐる?ふわふわ?

目の前がかすむような感じがしたり、急に目の前が暗くなったりして、頭が揺れているような感覚を総称してめまいと言いますが、めまいと一口に言っても、人によって感じている現象が異なることがあります。
その感覚を伝えようとするときによく用いられるのが「ぐるぐる」「ふわふわ」という言葉です。

 

目の前がぐるぐる回る回転性のめまい

目の前がぐるぐる回るように感じるめまいを「回転性のめまい」と言います。
回転性のめまいは、精神的、または身体的なストレスにより発症することが多く、耳鳴りや難聴を伴うことがよくあります。

 

回転性のめまいがあらわれる病気としては、メニエール病や、突発性難聴、頭を特定の方向に動かしたときに起こる良性発作性頭位めまい症などがあります。
回転性のめまいは、耳の異常、特に内耳にある三半規管の異常から来ていることも多いため、耳鼻科から受診するとよいでしょう。
耳に異常が無い場合には、心療内科などを受診して、ストレスの軽減を図ります。
ただし、回転性のめまいと共に、激しい頭痛が起こったり、ろれつが回らなくなったりした場合には、脳の異常が疑われます。
手足を触っても感覚が無い、顔や手足にしびれがある、目が動かない、意識障害が起こるなど、明らかに様子がおかしい場合には、脳梗塞や脳出血などが強く疑われますから、一刻も早く脳神経外科のある病院を受診するようにしましょう。

 

ふわふわとした動揺性のめまい

身体がふわふわと宙に浮いたような感じがするめまいを「動揺性のめまい」と言います。
例えるなら、雲の上を歩いているような、地に足が着いていないような感覚、または、揺れる船の上にいるような、今にも船酔いしそうな感覚というのが動揺性めまいの特徴です。

 

動揺性のめまいは、血圧や血流に関係していることが多く、貧血や、高血圧、低血圧、糖尿病、甲状腺機能低下症など、内科系の病気によって起こるめまいがこのタイプです。
また、肩こりや首のこりなどによって脳への血行が悪くなった時にもこのタイプのめまいが起こりやすいため、「頚性めまい」と呼ばれることもあります。

 

動揺性のめまいが感じられた場合、血圧や血流に関係する持病がある場合には内科を受診しますが、めまいが主症状の場合には、とりあえず耳鼻科から受診してみて、その後、内科を受診してもよいでしょう。
ただし、脳神経系の病気でもゆっくり進行している場合には、動揺性のめまいになることもあります。
ですから、動揺性のめまいであっても、めまいに伴って脳疾患独特の症状が現れていないかをしっかり観察する必要があります。
もし、激しい頭痛、ろれつが回らない、顔や手足にしびれや麻痺があるというような症状が現れている場合には、迷わず脳神経外科を受診しましょう。

 

立ちくらみとは?

めまいと同じような感覚を表現する言葉に「立ちくらみ」があります。
立ちくらみと表現する時は、必ず寝たり座ったりしている状態から立ち上がるという動作が関係しています。
立ち上がった際にふらつく、急に血の気が引いた感じがして目の前が真っ白になり、気を失いかけるというのが主な立ちくらみの症状です。

 

立ちくらみは、お風呂に長時間入っていたときなど、急に立ち上がった時に起こるのぼせの症状とほぼ同じで、起立性低血圧の主な症状です。
長湯をした際や、長時間同じ姿勢で立ち続けていた場合などは、特に異常のない人でも立ちくらみの症状が出やすくなりますが、血圧の低い人は普段の生活で立ち上がっただけで症状が出ることがあります。
立ちくらみが強くなると、気を失って転倒する恐れがあるため注意が必要です。